スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は写真を♪

momoice
乱れ撃ち♪

まずは桃好きとしては手を出さずにはいられなかったこのアイス^^
先日、高井戸方面に出撃のおり
休憩中にゲトいたしますた♪

高井戸に行きはしましたが…
その他の写真はありませぬ(爆)
( ̄ω ̄;)いや 都庁とか公園とかいろいろ撮ろうかと思ってましたが
暑さに負け。。。(自爆)

次に…
rinkou2rinkou1
購入した輪行袋の比較(某グリコのドロリッチとの)写真を…(汗)
サイズ比較くらいにはなるかと思います♪
気になる方。。。
( ̄ω ̄)ノ♪コンビニにGO。。。ぜひ!!!(爆)

んでさらに…
s-bag1
s-bag2
s-bag3
今回お出かけツアラー仕様の為にというか
夏場のお出かけ時にボトルケージ2本使えるようにと
サドルバック容量確保計画の為に購入致しました♪

このバック。。。
( ̄ω ̄;)結構デカイです。。。
ジッパーで閉じるのではなく後方をくるくる巻き留めるのですが
容量はかなりのもの♪
輪行袋丸呑み^^;
さらに当方使用の基本装備一式丸呑み♪
まるで口をあけて鯨がおきあみを吸い込むがごとき
というか、なまずのようにも見える見事ながま口加減^^;
完全防水仕様の生地のようですし、使い勝手は微妙ですが
元は取れることでしょう。。。
( ̄ω ̄)同型の某社のものより大幅に安かったし
固定方法がベルトなのでよしとします♪

これでツール缶用に取られていたボトルケージもあきました♪

という写真ラッシュな記事ということで。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この“ひとくち果実”シリーズ私も好きです。
特に夏のポタ時にはたまらんですよね。
美味しいのにカロリーが低いところもGOODですよね。

しかし輪行袋ちっちゃっ!(驚)
うちにあるあの輪行袋はなんなんだろう?と疑問に思うほど、
小さな輪行袋も存在するんですね。
基本輪行はしない人間の私ですが、これはちょっと欲しいかも。

おぉ

まるごと凍らせた桃だなんて。。。なんて贅沢なものなんでしょう★これは真似っこするしかなさそうですね。。

でなんなんですかそのサドルバックとやらは?!写真でも文字でも理解不能でした。。おそらく実物みないと理解できそうもありません。。。
だって、そもそもサドルバックはもとよりバックでくるくる巻き取るなんてものは見たことないです。しいて言えばワインボトルを風呂敷でくるくる巻いて端と端をくくって持ち運ぶ、、って位です。
軽そうだし容量も多いし、、いいですねv-197v-198v-193v-194v-195v-30v-69
※最後、気になる絵があったので実験につかってまーすww

風呂敷!!!!

ふうむ、どろぼうのほっかむり式ってところでしょうか??


ところで、kimi さんのコメントを拝見して思いました。


すごくイイ!! それイイ!  絶対いける!!








・・・・・って_何が?って??



風呂敷ですよ。ふろしき!!
くるっと包んでしばってサドルにくくりつけたら立派なサドルバッグになるじゃないですか!!

もうめっちゃ軽量だし! 撥水製のある生地で包めばちょっとの雨でもいけそうだし・・・・・

すんげえ、風呂敷、 日本て凄いですねえ・・・・





あ、桃のアイス、今度買ってみよ♪ でもうちの近所のコンビニで見たことないなあ・・・・

で、ですね。昨日、とんでもないアイスと遭遇してきました。
そのうちアップします。 アイスもここまできたか・・・という感じです。



|ω ̄)くろばいさん。。。

サイズ重視の方はこれは選択肢に入るのではないでしょか^^
ただし。。。
レビューや使用者の意見も見るかぎりでは
ベルトがずれたり内でこすれたりで
某O社のものよりキズを付けやすいかもしれません^^;

気をつけないとチェレステ兄弟?姉妹?に
若干キズが…(タッチペンのスキルがさらに上昇するぜ!!!という
意気込みなら問題なしですが^^;)

使い方自体はさほど難しくなく
某O社のものと大差ないように思います。
(キズなどの被害をなくす為にどこにホイールを固定するかや
ストラップをどこに巻くと安定するかとかは慣れかと思われますし…)

当方は頻繁には使わないので
このくらいのモノでよしとします^^

|ω ̄)kimiさん。。。

オムアリさんがkimiさんの風呂敷コメントに釣られたようです^^;

桃アイスはうんまいですよ♪
暑かったのもありますが、少し溶けてきて絶妙な食感とお味ですた。。。
( ̄ω ̄)実際3袋くらいは一気に食えそうでしたし(爆)

で…戻ってサドルバックですが

端の部分に留め具がついてましてそこを折って巻くのです。
オムアリの言う泥棒(ドリフのコント風味な昭和テイストの)のほっかむりという表現は結構近いです。
巻いたら端の留め具を留めます。。。
つまり開口部は折って巻くことで口をふさぐので
折り方次第で(1重とか2重とかで)サイズが変わるので
若干ではありますがコンパクトにも広げることも可能なのです。
これが本家?の某O社のものです^^
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/ortlieb/saddlebagM.html

これはフィクサーをかますタイプなので当方のには多分無理で
購入したのはベルトでレールに固定するタイプです♪

このメーカー、大型のサドルバックをたくさんだしていて
メジャーな部類かもしれません。。。
某ODとか某Yにはありそうな気もしますので探して見てください♪

|ω ̄)オムアリさん。。。

気になる点が一つ。。。

バックだとある程度形状があり細かいものをつめても
形状が維持されるのでクリアランスを含め問題ないかと
思いますが、風呂敷だとそのももの形に変化してしまうので
小物を詰めるとどうしても真下に大きくなりませんか?
となると…
たくさん詰めるとタイヤとのクリアランスが微妙になったり
足にあたるようになるかもですが。。。
( ̄ω ̄)…←なぜかまじめに風呂敷談義中な人(爆)

というか、浅草などでは確かに最近はオシャレな
風呂敷があるようです♪
皮の風呂敷なんてのも見た記憶があります^^
で…
風呂敷を使用する場合
サドルバックの代用ではなくサコッシュの代用が
正しいのではないかと思う次第でありまして♪
そう。。。
時代劇などに出てくる(主に股旅系♪)
背中に風呂敷に巻いたにぎりメシ的な…^^
いやいやうまく巻けば
りんごやらバナナやら…←止めないとぶっ壊れてきますよ(爆)
さらにこの時期は!!!
( ̄ω ̄)まさかの氷なんてのもなかなか涼しげ♪
 ↑
この人の傾向としてまじめに始まる時は大体後半で
ネタ暴走(爆)。。。的な^^;

お買い物の帰りなど
めんつゆをボトルケージに
背中に風呂敷包みの大根やらネギやらを
トップチューブには豆腐なんぞを乗せつつ…
( ̄ω ̄)今日のおかずは煮物?
 
そろそろ怒られそうなので
この辺で^^;
すみません(汗)

たしかに変形はあるかも・・・

重くなければオッケーなのではないでしょか??

あ、廃物利用でサランラップの芯に小間物をいれていれれば変形しないじゃん??長さもきめてカットして~
で、そのラップの芯を一番下にしてですね。そのうえに輪行袋ってのはいかがでしょうか??

いや、べつに弁当箱みたいなのにものをつめて風呂敷でしばってサドルの下にむすびつけても大丈夫のような気もしますけど・・・

で、お買い物で荷物が増えたら背中にも♪♪♪


だれかやらないかな~(わくわく)


で・・・ルックさんいかが??


No title

ちっちゃい輪行袋ですねー 多分中仕切りは無いのでしょうけど、自転車への搭載のしやすさはベストっぽいです。

んで、風呂敷がどうのというお話ですが、少し昔の方は何事にも風呂敷を使いこなしていた様ですが、サドルバッグにもそのココロが?

・・ってか、今度お会いしたときに現物見せてください。

あ。 写真いっぱいご苦労様です(それだけ・w)

|ω ̄)オムアリさん。。。2

まず最初に…

Kimiさんへのレスの中でオムアリさんに“さん”を付けていませんでした。。。
m(__)mすみません(汗)

…で風呂敷ですが^^;

芯を入れる時点で若干無理があったりなかったりな感じですが。。。
( ̄ω ̄;)それならサドルバックでよくね?的な(汗)

当方はうまく巻いてきれいに縛る自信がないので
こういう情緒あふれる事が好きそうな某Gどんさんに
期待しましょう♪
以前の記事で和風な手ぬぐいとかサイフ?のようなものを
購入されていたようですし、今回もきっと。。。(爆)
 ↑
by 他力本願中♪

とりあえず近いうちにこのサドルバックを使ってみますので
風呂敷案はその使い心地次第で…(爆)

|ω ̄)Gどんさん。。。

見せるんですか?^^;

これは輪行用ですし普段は搭載してませんが…
サドルバックは距離が伸びれば
使用するかと思います^^
2ボトルが欲しくなるのは確実ですし
夏場の暑さにやられ気味なので身体につけるバック類は
出来るだけ少なくしたいという考えでもあるので。。。

近いうちにどこかへお出かけいたしましょ♪

きっと…



( ̄ω ̄;)忘れていつもの付けてたりして(猛爆)
小梅
天気
リンク
yahoo news
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。